CONCEPTベストな福祉をリードする



VISIONウェルモの目指す社会

愛を中心とした資本主義のつぎの社会を描く

MISSIONウェルモの使命

  • ミッションコンセプト

    社会課題をICTと先端技術の力で解決する
    ~Social Business with Technology~

  • 介護領域

    利用者本位と正当に
    評価される福祉業界の実現
    ~福祉分野の情報活用を次世代の水準へ~

  • 障害児童教育領域

    すべての子どもたちの
    可能性を解放する~Accelerate Your Talent~

PROBLEMS介護の現状

あなたは自分の大切な人…親、友人、子どもに「介護」が必要になったとき、どんなサービスを、どのように選びますか?あなたは自分の選んだサービスが大切な人にとって絶対必要で、その人が心から満足するサービスであると、心から自信を持って言い切れますか? 世界で最も高齢者の割合が多い、高齢化大国、日本。日本人の4人に1人以上は、65歳以上という時代です。高齢者への充実した福祉が求められる日本で、私たちが最初に出会ったのが高齢者の「介護」の問題でした。

1人のケアマネジャーとの出会いが、私たちが介護の問題解決に取り組み始めたきっかけです。介護現場の体力的・精神的負担、離職率の高さ、マネジメントの機能不全・・・。たくさんの問題を聴くなかで、どこに問題解決の糸口があるのか?問題の所在を探るために現場を見ると、介護事業所の属人性の高いアナログな現状が明らかになってきました。

AWARENESS問題意識

介護現場における大きな問題は、「情報」に起因するものでした。ITの進んだ現在でも、介護事業所の情報共有ツールは、電話、FAX、紙媒体が中心です。そのため、利用者に情報提供を行うケアマネジャーのスキルは、専門性がある一方で、個々人の中にあって見えていない「暗黙知」となっています。ケアマネジャーの属性や背景、経験によってケアプランの内容が大きく異なるという、属人的なスキルになっている現状もあります。
専門職のケアマネジャーのみならず、利用者にとっても、事業所のサービスや料金といった内容はもちろん、そもそもどんな事業所が近くにあるの?この事業所は本当に自分に合ったところなの?という疑問を判断するのは、非常に難しいのが実態です。

SOLUTION解決策

ウェルモではまず、福祉に関わる全ての人向けに、「社会資源情報」の見える化をするプラットフォームを作る事業をスタートしました。介護保険サービスはもちろん、保険外の自費サービスも含め、福祉専門職、企業、一般利用者向けにそれぞれの情報を整理し、必要な人が必要な情報を得られるサービスを作っています。
福祉の情報量を網羅するだけでなく、専門職向けに質の高い情報を提供することも必要です。利用者の方にぴったりな介護の計画、ケアプランを作るためには、幅広い知見が必要になります。そのため、プラン作成に必要な幅広い専門職(介護福祉士、看護師など)の知見を取り入れた人工知能を開発し、ケアマネジャーの「知らないこと」をなくし、利用者に正確になぜこのケアが必要か、どういうサービスが近所に存在するのか、予算はどれぐらい必要かを曖昧にせず話せるようケアプランの作成の補助をするシステムを開発しています。
また、ウェルモ自身も福祉領域のフロントランナーであるために、福祉業界では歴史の浅い障害児向けの施設を自ら運営しています。デザインやITの考えを取り入れ、子どもが本来持つ能力を伸ばせる場をつくり、福祉業界の発展に貢献します。

FUTUREありたい未来

ー福祉に関わる全ての人に、ベストなサービスを提供するーその理想を現実にすることは、私たちの力だけでは達成できません。福祉や介護領域の問題は国の制度と特に密接に関わっており、先進的な研究や地域・コミュニティの力もますます求められています。財源も限られている中、様々なステークホルダーと共に産官学民の連携によって、包括的な問題解決に向かう必要があるのです。
 ウェルモは、これまでにない革新的な手法で福祉領域の社会問題解決にチャレンジする、ソーシャルベンチャー企業です。「福祉をより良くしたい」想いを持つ人や組織とともに前に進み、それぞれの持つ最大限の力を発揮し、社会に大きなインパクトと価値を与えられる、そんな未来を思い描いています。そして、感情や心、個の発揮を中心としたポスト資本主義の世界のあり方を模索していきます。