ABOUT代表挨拶・会社概要



MESSAGECEOメッセージ

戦後日本は物質的にとても豊かになりました。それと共に非常に資本主義的な発想が強い文化になってしまいました。介護現場で衝撃を受けたのは、90歳台の方への傾聴ボランティアでした。言葉の端々から感じられる今の日本人の価値観との違い。精神性、心の豊かさ、暖かさ、有難み。そのコントラストは僕の人生に一つの大きなきっかけを与えました。
遡ること高度経済成長期。資本主義の市場の力を借り、利益を中心に計数管理を行うことで非常に効率的な経済発展を成し遂げました。組織を大きくし、モノの産業を中心にスケールメリットを享受する。昭和40年代、モーレツ社員という言葉もありました。そして、教育現場では本質的な学びよりも、知識詰め込みや偏差値教育への偏りも。結果、バブル崩壊後ここ20年で2~3倍にもなる不登校、ニート数の増加。過労死や自殺の文字も新聞で見かけるようになりました。
気付けば日本人の心の豊かさは失われつつあるのではないか、思いやり、感受性、精神性はどこへいったのか。あまりに唯物的、刹那的、拝金主義的ではないだろうか。言語化、数値化しやすいものに軸足を置きすぎたのではないだろうか。小さいときから感じていた違和感は社会に出てからも変わりませんでした。その違和感の鍵が、冒頭の福祉現場でのボランティアで少し見えた気がしました。
福祉の現場には、資本主義の現場では見失われてしまっている心の豊かさが残っている。そのままの形で現存している。世に言う介護現場は辛そうという世界観とは完全に違う世界に、僕の目には映りました。課題解決の鍵がそこにあると。
日本人の地域社会、他者への献身性、道徳観、倫理観、心を中心とした社会への回帰へ。
ただ現場の方々は、そのひたむきさとは逆にその優しさ故に声がとても小さく、情報発信をするのが好きな方が多いわけでありませんでした。加えて、その実直さから疲弊しているなど、様々な問題を抱えていました。彼らを早く支援しなければならない。そして僕は、この声なき声を大切にしたい。これらは今の日本に必要なとても大切な事だと確信するに至り、すぐに会社を辞めました。
そして仙台から福岡まで、介護事業所でのボランティアとインタビューを8か月間、約400法人以上行い、まずは現場を学ぶことから始めました。そこで気付いたことは、法律や政策を作る行政・自治体、担い・実行する現場、使う利用者と家族を双方に繋ぐことが大切だということ。官製市場、公的保険制度であるこの福祉の仕組みは、現場との連動が不可欠。しかし、かなりの歪みが存在しており、課題が山積みになっていました。
始めにICTで情報を透明化して公平性を担保し、人と人を繋ぎ素晴らしいご縁と出会える可能性を最大化する。まずはこれをやろう。その後、人工知能によるサポートで当たり外れを無くし属人性を減らして、利用者本位を実現しよう。福祉に関わる課題を解決し、心の豊かさが残るこの業界をより良く出来ればという思いで事業を始めました。
僕たちは、一国民として日本の未来に目を向けながら、現場にある本質的な問題を把握して行動する、当事者意識と愛を持って社会に変革を起こすきっかけを作ります。そして、今の日本や先進国が抱える資本主義の構造的な社会課題を解決し、愛や美徳などの精神性と経済性を融合する社会を模索して行きたいと考えています。

代表取締役CEO 鹿野佑介

EXECUTIVES役員紹介

ADVISORS顧問紹介

技術顧問

橋田 浩一KOICHI HASHIDA

東京大学大学院情報理工学研究科ソーシャルICT研究センター
新融合サービスICT分野教授
福祉分野のための統計的機械学習の研究開発に対する助言

持橋 大地DAICHI MOCHIHASHI

文部科学省所管統計数理研究所
数理・推論研究系准教授
介護記録連携システムおよび福祉分野のための人工知能研究開発に対する助言

共同研究

市瀬 龍太郎RYUTARO ICHISE

国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系准教授
人工知能による介護ケアプラン作成支援に向けたアセスメントテキストの自動分類およびオントロジー自動構築の研究

国立研究開発法人
産業技術総合研究所

SUPPORTERS応援団紹介

【福祉分野に必要なのは心!ウェルモは心がある チームです!】
4年半前に初めて、鹿野さんに会ったときに底知れぬ起業家魂を感じました。その頃から応援しているのですが、幾度の困難にもめげずに都度自分と目の前の人と真摯に向き合い、乗り越え、事業を軌道にのせてきています。鹿野さんの素晴しいところは進化への意欲と心を大切にする姿勢です。福祉分野に大切なのは【心】と思います。心が通い合うことを念頭にICT等を活用したサービスを提供するウェルモには様々な可能性を感じます。福祉分野において温かい心の連鎖が広がるように願って応援しています。

勝屋 久

Team♡KATSUYALOVEコネクター/画家1962年東京生まれ。上智大学理工学部数学科卒業後、日本IBMにて25年間勤務。2000年IBM VentureCapitalGroup パートナー日本代表、経済産業省IPA未踏IT人材発掘・育成事業プロジェクトマネージャーなどを経て、2010年8月に独立。
『心でつながる場を創り、人の輝きを呼び覚ますお手伝い』をコンセプトに生き方そのものを職業として活動開始。2014年から本格的に画家として活動開始。現在は夫婦で様々な活動している。
(株)アカツキ社外取 締役/応援団長、(株)クエステトラ 社外取締役、ビジネス・ブレークスルー大学客員教授、富山県立大学MOT非常勤講師、総務省地域情報化アドバイザー、福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議理事/ビジネスプロデューサー、西粟倉村及び厚真町ローカルベンチャースクールチーフメンター、鯖江市NPO法人エル・コミュニュティ理事など多様な顔もある。

HISTORY沿革

PROFILE会社概要

商号 株式会社ウェルモ(英字Welmo,Inc.)
資本金 5.73億円
(2018年8月時点:資本準備金含む)
所在地

東京本社

東京都千代田区霞が関3-3-2
新霞が関ビルディング 18F

MAP→

福岡オフィス(登記上本店)

福岡県福岡市博多区博多駅東1-17-1
福岡県福岡東総合庁舎 4F

MAP→
設立 2013年4月30日
従業員 52名
役員 代表取締役CEO 鹿野 佑介
社外取締役 深井 龍之介
社外監査役 渡辺 麗斗
取引金融機関 西日本シティ銀行
三井住友銀行
新生銀行
佐賀銀行
福岡中央銀行