STAFFメンバー紹介

  1. TOP
  2. 会社紹介
  3. メンバー紹介

EXECUTIVES経営陣

代表取締役CEO鹿野 佑介YUSUKE KANO

大阪府豊中市出身。APU卒。人事領域のITコンサルタント後、東証一部上場企業人事部にて勤務。介護現場のボランティアで感じた問題意識から2013年に当社を設立。経済産業省、総務省、各介護支援専門員協会等にて多数講師を務める。2018年、Forbes JAPAN NEW INNOVATOR 日本の担い手99選に選出。

STO(ソーシャルテクノロジーオフィサー)角井 勇哉YUYA KAKUI

千葉大学大学院工学研究科卒。楽天株式会社で日本最大級の広告システムの開発・運用に従事。その後スタートアップCTOとして開発全般をリード。会社のビジョンに共感し、ウェルモに入社。

執行役員 UNICO事業部長濱田 諒RYO HAMADA

福岡県出身。九州大学文学部社会学専攻卒業。特別支援学校や就労移行支援事業所など、教育・福祉の現場に携わってきた経験を活かし、「UNICO」の事業推進・管理を行う。

執行役員 地域ケアプラットフォーム
推進本部 シニアマネージャー
木村 亮太RYOTA KIMURA

東京都出身。明治大学経営学部卒業。学生時代に祖母の認知症をきっかけに介護の世界に興味を持つ。介護職員として働いた経験とITの知識を活かし、幅広く業務に携わる。

経営戦略部 部長清田 享平KYOHEI KIYOTA

英国の大学を卒業後、外資系戦略コンサルやメルカリにて、財務・採用等の観点から組織改革・グローバル化を促進。家族が要介護者という実体験から、介護・教育分野の課題解決、ポスト資本主義社会の実現を目指す。

社外取締役深井 龍之介RYUNOSUKE FUKAI

島根県出雲市出身。九州大学文学部社会学研究室を卒業後、株式会社東芝に入社。祖母が要介護になった経験と自らの就学経験から、日本の介護と児童教育に対する問題意識を抱き、株式会社ウェルモにジョイン。2017年10月以降は社外取締役として経営に参画。

社外監査役渡辺 麗斗REITO WATANABE

2012年に株式会社ドーガンに入社。一貫して九州にゆかりのあるベンチャー企業への投資を担当。2017年にベンチャー支援に特化した株式会社ドーガン・ベータを設立。新産業が生む雇用の多様性によって地場経済の健全な新陳代謝が促されるという仮説のもと、VC投資という金融手法をはじめとしたサービスを提供。コワーキングスペース「OnRAMP」の立ち上げや「福岡市スタートアップカフェ」の設立などにも携わる。

MEMBERSメンバー

研究開発部 リサーチエンジニア礼王 懐成KAISEI REIO

東京大学大学院工学系研究科卒。東京大学先端科学技術研究センター特任助手。国立情報学研究所客員研究員。メタップスにて自然言語解析や画像認識、知識推論を研究開発。医療介護の多職種連携を「説明できる人工知能」で支えたいと入社。

研究開発部 エンジニア古市 智大TOMOHIRO FURUICHI

京都府出身。東北大学大学院情報科学研究科卒業後、システムエンジニアとして金融システムの開発に従事。大学で学んだ機械学習の知識を活かしたいと思いウェルモに入社。CPAの開発を担当。

経営戦略部 新規事業開発室 室長楠富 智太TOMOHIRO KUSUTOMI

長崎県出身。防衛大学校卒業後、将校として国防に従事。ABEJA創業期、博報堂、AIスタートアップ執行役員を経て、ウェルモに参画。ビジョンの実現と、テクノロジーで社会課題を解決することを目指す。

公共政策統括部長
(北海道エリア統括部長)
大井 弘幸HIROYUKI OOI

北海道出身。道内で自治体職員として25年勤め、生活保護ケースワーカーも経験した北海道地域活性化のリーダー。現場視点から介護福祉サービスの向上を実現し、地域、利用者、事業所が一番の仕事を行う。

研究開発部 エンジニア鎌田 晋伍SHINGO KAMATA

宮崎県出身。九州工業大学院情報科学専攻卒業後、ソフトウェアエンジニアとして電機メーカーでミドルウェア開発に携わる。ウェルモの理念と事業に共感し入社。趣味は数学と音楽。CPAの研究開発を担当。

研究開発部 エンジニア姜 甫京KANG BOKYUNG

韓国ソウル出身。2002年に来日。オンラインゲーム会社で多数のWEBサービスを開発。高齢化社会の課題解決に興味を持ちウェルモに入社。ミルモシリーズの開発・インフラを担当。

地域ケアプラットフォーム推進本部
事業開発担当
青木 佑真YUMA AOKI

神奈川県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、日系SIerで営業として勤務。大学時代に社会起業家支援に携わった経験から、テクノロジー×ソーシャルビジネスに強く興味を持ち、ウェルモの使命に共感し入社。

地域ケアプラットフォーム推進本部
企画担当
富永 沙和SAWA TOMINAGA

九州大学大学院法学府卒。生活協同組合勤務と社会人院生を両立後、合意形成の専門性を福祉領域の課題解決に生かしたいと思い、ウェルモへ。ミルモのサポートやCPA関連企画を担当する。

経営戦略部 新規事業開発室茨木 彩月SATSUKI IBARAKI

熊本県出身。新卒で研修会社に就職後、ITスタートアップにてバックオフィス全般を統括。留学経験や社会人経験から、人の幸せに興味を持ち、ウェルモの理念やビジョンに共感し入社。

地域コミュニケーター 関東エリア担当田中 優加YUKA TANAKA

埼玉県出身。青山学院大学教育人間科学部卒業。介護福祉士。有料老人ホームでの3年間の勤務を通じ、介護現場におけるITによる課題解決の必要性を感じ入社。ミルモシリーズの首都圏進出に携わる。

地域コミュニケーター 関東エリア担当大図 拓也TAKUYA OOZU

東京都出身、社会医学技術学院卒業。総合病院、デイサービスで理学療法士として勤務し、ウェルモへ。「高齢になっても、障害を負っても自分らしく生活できる社会」の実現を目指す。

地域コミュニケーター 福岡エリア担当豊嶋 満久MITSUHISA TOYOSHIMA

福岡工業大学卒。有料老人ホームで介護福祉士として勤務後、ウェルモのビジョンに共感し入社。介護事業所の情報収集を行いながら、より良い介護業界作りのきっかけ探しに奔走する。

地域コミュニケーター 札幌エリア担当松葉 亮介RYOSUKE MATSUBA

大阪府柔道整復師会専門学校卒業。前職では柔道整復師として整骨院で勤務、管理を経験。利用者はもちろん、全ての人が幸福になれる愛ある仕組みづくりに挑戦中。

経営管理部 マネージャー瀧本 亮平RYOHEI TAKIMOTO

神奈川県出身。立教大学社会学部社会学科卒。独学で会計を学び、事業会社などで経理・税務の経験を積んだ後、前職のベンチャー企業にて経営管理全般に携わる。先端技術で社会課題を解決するというウェルモの使命に共感し入社。

社長室兼広報担当池田 千恵CHIE IKEDA

福岡県出身。高校生のときに、父が半身麻痺になり10年以上介護を経験。福岡県医師会広報、IT企業数社を経て入社。ライフスタイルとしての「明るい介護」実現に取り組む。

地域ケアプラットフォーム推進本部
事業開発担当
大群 裕太YUTA OMURE

福岡県出身。九州大学院生物資源環境科学府卒業後、総合商社のリスク管理チームにて、与信ルール管理/財務判断システム管理業務等に従事。ウェルモの目指す未来に共鳴し、転職。CPAの企画推進を担当。

社長室兼新規エリア開発担当池山 翔太SHOTA IKEYAMA

神奈川県出身。自身の大学を卒業した鹿野のイベント登壇をきっかけに介護の現状を知る。多岐にわたるバックオフィス関連業務をこなし、組織の効率的なリソースの運用に努める。

地域ケアプラットフォーム推進本部
福岡エリアマネージャー
小倉 洋祐YOSUKE OGURA

宮崎県出身。新規事業の営業戦略立案・新規顧客開拓の経験を生かし、地域資源の価値を生かした外部への提案・ソリューション活動に従事。次世代に誇れる新たな価値構築を目指す。

UNICO事業部伊地知 悟SATORU IJICHI

九州大学大学院を卒業後、宮崎のIT企業で採用や広報を担当。友人が介護職を辞めたのを機に福祉に興味を持つ。UNICOの事業推進を通して新しい福祉事業のあり方を見つけたい。

UNICO事業部上野 雄次郎YUJIRO UENO

福岡県出身、西南学院大学商学部卒業。人との違いを違いと捉えて伸ばすUNICOの理念に感銘を受け入社。UNICOのバックオフィスを担当、他現場や経営面でのサポートを行う。

UNICO事業部福永 裕美YUMI FUKUNAGA

福岡県出身、九州大学大学院卒業。高齢者施設の相談員や市町村の福祉計画等策定を経験。ウェルモのミッションに感銘を受け入社。縁の下の力持ちを目指し、UNICOのバックオフィスで事務を担当。

経営管理部藤田 みなみMINAMI FUJITA

大分県出身。保育園で栄養士、事務職を経験し、ベンチャーの環境で成長したいと思い入社。経理、総務、労務等をサポートする。夢は高齢になってもディズニーランドで遊ぶこと。

UNICO事業部西嶋 利彦TOSHIHIKO NISHIJIMA

福岡県出身。西南学院大学社会福祉学科卒。就労継続支援事業で経験を積み、ビジョンに共感しウェルモへ。「人が生まれた環境や障がいの有無によって選択肢が阻まれない社会」の実現を目指す。

UNICO粕屋 施設長吉田 勇ISAMU YOSHIDA

1-2歳児の支援など、福祉領域で15年経験を積みUNICOへ。子ども、スタッフ、その家族も含めたサポートを実現し、日本一愛される事業所を目指す。