NEWSニュース

  1. TOP
  2. ニュース
  3. お知らせ
  4. 福岡市主催スマートシティイベント 「イノベーションを活かしたまちづくり」に代表鹿野が登壇

2020.02.12

お知らせ

福岡市主催スマートシティイベント 「イノベーションを活かしたまちづくり」に代表鹿野が登壇

2020年1月28日(火)、福岡市が主催する、スマートシティイベント 「イノベーションを活かしたまちづくり」のトークセッションに、弊社代表の鹿野が登壇しました。

「Fukuoka Smart East」と呼ばれる福岡市が推進するスマートシティ構想は、少子高齢化など様々な課題を解決しながら街が持続的に発展していくために、最先端の技術の導入などによって快適で質の高いライフスタイルと都市空間を創出し、未来に誇れるモデル都市を創造していく取り組みです。

鹿野が登壇したトークセッションでは、スマートシティの開発にあたり「理想的な社会インフラをゼロからどう設計すべきか」ということが大きなテーマでした。福岡市の高島市長、スマートシティの専門家やモビリティ、シェアリングの有識者などと共に登壇しました。

高島市長はじめ、社会課題の解決や社会変革に熱い想いのある登壇者ばかりで、1時間があっという間に感じられる、内容の濃いトークセッションとなりました。

鹿野からは、当社が開発中のケアプラン作成支援AI「ケアプランアシスタント」の実証事業を福岡市で実施した件をご紹介し、ソーシャルイシューを解決する観点で街づくりをすることが重要ではないか、という視点をお話させていただきました。

また、海外事例のご紹介で当社が支社を置くフィンランドの話になり、「人間孤独が一番つらい。ITを活用してゆるく人とつながることで、人口が(相対的に)少なくても人間の幸福度が高いフィンランドのような社会を、福岡なら作っていけるのでは」というお話をさせていただきました。当社の目指す「当たり前の幸せを、全てのひとに。」というコンセプトと近く、とても熱のこもったトークとなりました。

ウェルモは今後も自治体とも協力しながら、介護福祉領域の社会問題解決にチャレンジして参ります。