NEWSニュース

  1. TOP
  2. ニュース
  3. お知らせ
  4. 新型コロナウイルスに対する当社対応方針について お知らせとお願い

2020.02.21

お知らせ

新型コロナウイルスに対する当社対応方針について お知らせとお願い

株式会社ウェルモ(代表取締役CEO:鹿野 佑介)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、日本国内の各拠点(札幌、東京、横浜、大阪、福岡)に勤務する従業員と取引先、サービスご利用者さまの安全確保を最優先に、2020年2月25日(火)より順次以下の対応を実施いたします。

 

【当社従業員向けの措置】
・咳エチケット、手洗いの徹底
 各事業所に手洗い用の石鹸、除菌アルコールの設置を徹底します。
・37.5度以上の発熱での出社禁止
 各事業所に非接触型体温計を配備し、出社時の検温を義務付け、37.5度以上ある場合には自宅待機とします。
・外出先訪問時のマスクの着用、除菌シートや除菌アルコールによる手洗いの徹底
・当社主催イベントの延期もしくは中止
 ※2月27日(木)に都内で開催を予定しておりましたケアマネジャー向けのイベントは中止させていただきました。

当社は、従業員や取引先、サービス利用者の安全確保を最優先に、今後も感染拡大状況を注視しながら、対応を検討・実施してまいります。


(以下、2020年2月27日追記)

【UNICO事業 教室運営上の措置】
<感染予防・対策の徹底>
UNICO職員全員、以下の対応を徹底します。来所頂く保護者様、ご来客の皆様に対しても、以下ご対応頂けるようにお願いします。
・手洗いの徹底
・定期的な除菌の徹底
・来客者の必要以上の入室の制限
 (保護者様のご見学など、どうしても必要な来客以外、外部の方の不要な入室は制限する方針とします)
・不特定多数が集まる場所への外出の制限
・職員や利用児への検温の徹底

<感染が疑われる場合の対応方針>
・利用児の感染が疑われる場合
 利用児の体温が37.5度を超える場合は利用停止の判断とし、利用中の場合は保護者様にご連絡します。
・職員の感染が疑われる場合
 職員の体温が37.5度を超える場合は出勤停止とします。

<感染した場合の対応方針>
・利用児に感染者が出た場合
 利用児に感染者が出た場合も、該当職員が所属する教室を一定期間、閉所いたします。閉所の期間は関係期間に確認の上、お知らせします。
・利用児が通う学校や保育所等が、感染を理由に休校となった場合
 申し訳ありませんが、該当利用児の休校、休所期間が終了するまで、UNICO利用をお断りさせていただきます。
・職員に感染者が出た場合
 職員間で感染者が出た場合、該当職員が所属する教室を一定期間、閉所いたします。閉所の期間は関係期間の確認の上、お知らせします。
 

上記に加え、教室運営については以下の措置を行います。
保護者さまやご来客の皆さまにもご協力をお願いする場合がございます。ご理解のほどよろしくお願い致します。
・施設入室者全員への手洗いの徹底
・施設内の定期的な除菌の徹底
・来客者の必要以上の入室の制限
・教室職員が37.5度を超える発熱をした場合、出勤見合わせと病院受診を義務付け

【ミルモ事業 エリアコミュニケーターの対応について】
各地域でミルモ事業を担うエリアコミュニケーターについては、以下の対応を行います。

・介護事業所への訪問は、訪問先事業所からの事前許諾を必須とし、対策を徹底した上で実施します。
・訪問の際は、マスクとアルコール消毒液を携帯し、感染対策を徹底します。
 (アルコール消毒液を携帯できない場合、使い捨てのビニール手袋等で代替します。
・懇親会・交流会の参加は、自粛をします。

 

本対応は、本日時点で得られている情報をもとにした判断であり、随時より踏み込んだ対策を取る可能性もございます。今後も感染拡大を注視しながら、対応を検討・実施して参りますので、何卒よろしくお願いいたします。