NEWSニュース

  1. TOP
  2. ニュース
  3. プレスリリース
  4. ウェルモが運営する児童福祉施設「UNICO」の8教室を 実質自然エネルギー100%のハチドリ電力へ切り替え

2020.10.02

プレスリリース

ウェルモが運営する児童福祉施設「UNICO」の8教室を 実質自然エネルギー100%のハチドリ電力へ切り替え

電気代の1%を教育分野へ寄付し、子どもの未来のための良い循環を生み出す

ICTや先端技術の力で介護・福祉の社会課題解決を目指す株式会社ウェルモ(代表取締役:鹿野 佑介、所在地:東京都千代田区、以下「ウェルモ」)は、福岡県内で多店舗展開する児童発達支援・放課後等デイサービス「UNICO(ユニコ)」のうち8教室を、株式会社ボーダレス・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田口 一成、以下「ボーダレス」)の提供するCO2ゼロの実質自然エネルギー100%の電気サービス「ハチドリ電力」に切り替えたことをお知らせいたします。手続きは9月10日に完了しており、順次切り替えが進みます。

ハチドリ電力に切り替えることで、火力発電により排出されていたCO2を削減し地球温暖化の防止に貢献するとともに、電気代の1%が社会的活動を行う団体に寄付されるというハチドリ電力の仕組みを活用し、UNICOが取り組む教育分野への寄付を通じて子どもたちの未来のための良い循環を生み出します。

※UNICOは10月2日時点で10教室を運営しておりますが、そのうち新宮教室・天神教室は入居している建物が契約する電力会社を一括で決めているため、今回の切り替えの対象には含まれません。

■UNICOのハチドリ電力への切り替えた理由
環境に優しい電力を使うことは子ども達の未来に関わってくる重要なことであり、UNICOの事業と通じる大切なことであるため。また、電気代の1%が社会活動に寄付されるという仕組みも魅力を感じました。教育分野で課題解決に取り組む団体を寄付先に選ぶことで、電気を使うという日々の活動を通じて、UNICOが取り組む教育分野に良い循環を定常的に生み出していくことができると考えました。

■電気代の1%で、社会活動を支援
ハチドリ電力は、電気料金の1%をNPOやNGOをはじめとした社会活動に取り組んでいる個人・団体に寄付することができます。2020年8月23日時点で、子どもの貧困や教育、社会福祉、まちづくり、自然環境の保護、動物愛護、男女平等など様々な社会課題に取り組む計37団体を寄付先として選ぶことができます。

ウェルモは、UNICOと同じ教育分野や子どもの未来のために活動する3団体を寄付先として選択しました。UNICOと目指すものが同じである点やUNICOが十分にアプローチできていない領域で意義ある活動を行っている点が選択理由です。

【寄付先3団体とその選定理由】
・認定NPO法人 ポケットサポート (https://www.pokesapo.com/)

病気を抱える子どもたちへの支援をされており、私たちが取り組む障害児教育ではリーチしきれない領域。長期入院や自宅での療養などで可能性が制限されてしまっている子どもたちの力になれると感じたため。

・認定NPO法人 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン (https://ftcj.org/)
団体として掲げられているビジョン・ミッションが、ウェルモの掲げるスローガン「当たり前の幸せを、すべてのひとに」と、UNICOのミッション「子どもたちの可能性を解放する」にも通ずるところがあり、非常に共感したため。

・認定NPO法人 Teach For Japan (https://teachforjapan.org/)
教育をアップデートしていくために日ごろから共催でイベントをするなどご縁も深く、引き続き継続的に支援させていただきたいため。

■児童福祉施設UNICOとは (https://unico-jp.net/
「子どもたちの可能性を解放する」ことをミッションとした児童発達支援、放課後等デイサービス。障害のある児童、発達が気になる児童への療育支援を実施する福祉事業所として、2020年9月28日時点で福岡県内に9拠点を展開しています。子ども一人ひとりの「内発的動機付け」を重視するなどコーチングの手法を取り入れ、新たな支援体系「UNICOメソッド」を実践しています。

■ハチドリ電力について
ハチドリ電力は、CO2ゼロの実質自然エネルギー100%プランのみを販売する電力サービスです。地球にやさしい電気だけでなく、社会問題に取り組むNPOやNGOにお金が回る仕組みを提供しています。

・特徴1. 電気を使っても地球環境に負担をかけない
自然電力株式会社との取次契約により、非化石証書(FIT)を供給電力全量分購入することで、実質的に「100%自然エネルギー由来」「CO2排出量ゼロ」の電気を提供します。

・特徴2. 電気を使うほど自然エネルギーの発電所が増える
電気料金の1%は自然エネルギー基金になるため、ハチドリ電力を使うほど自然エネルギーの発電所が増える追加性をもった仕組みです。(電気料金1%相当額を電気料金とは別に寄付)

・特徴3. 電気料金の1%が選んだ社会活動に寄付されます
電気料金の1%を支援したいNPOなどに寄付します。毎月送られてくる活動レポートで支援活動を詳しく知ることができます。(電気料金1%相当額を電気料金とは別に寄付)

▼ハチドリ電力WEBサイト
https://hachidori-denryoku.jp/

※ハチドリ電力は、小売電気事業者である自然電力株式会社との取次契約により運営しています。

■ 株式会社ウェルモ 会社概要
社会課題をICTと先端技術の力で解決することミッションに掲げる、ケアテックカンパニー。ケアプラン作成支援AIの「ケアプランアシスタント」(2020年度リリース予定)、介護の地域資源情報を集約するプラットフォーム「ミルモネット」、児童発達支援・放課後等デイサービス「UNICO(ユニコ)」の事業を展開しています。
ウェルモコーポレートサイト:https://welmo.co.jp/

・商 号: 株式会社ウェルモ (代表取締役CEO:鹿野 佑介)
・設 立: 2013年4月30日
・資本金: 15.09億円(2020年4月時点:資本準備金含む)
・本 社: 東京都千代田区内幸町1-1-6NTT日比谷ビル4F

■ボーダレス・ジャパン 会社概要
https://www.borderless-japan.com/

・商 号: 株式会社ボーダレス・ジャパン(代表取締役社長:田口 一成)
・設 立: 2007年3月
・資本金: 1,000万円
・本 社: 東京都新宿区市谷田町2-17 八重洲市谷ビル6F


<本件に関する報道関係の問合せ先>
株式会社ウェルモ 東京本社オフィス 広報担当
Tel:03-6205-7308 Mail:pr@welmo.co.jp