Exectives
経営陣

代表取締役 CEO
⿅野 佑介
Yusuke Kano

一般社団法人日本ケアテック協会 代表理事、東京大学 高齢社会総合研究機構 共同研究員。大阪府豊中市出身。株式会社ワークスアプリケーションズにて人事領域のITコンサルタントを経て東証一部上場企業人事部へ。8か月間にわたり、仙台から東京・福岡まで、計400法人を超える介護事業所にてボランティアやインタビューを実施。現場の働きがいに課題意識を持ち、2013年ウェルモを創業。

講師・委員・出演等:
厚生労働省、総務省、経済産業省、文部科学省、国立研究開発法人日本医療研究開発機構、日本老年医学会、筑波大学、北九州市立大学、横浜市、福岡市、各介護支援専門員協会、各老人施設協議会、NHKクローズアップ現代、日テレNEWS24、日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞など

Forbes JAPAN 200 SUPERSTAR ENTREPRENEURS選出(2021)、日本経済新聞「NEXTユニコーン」ランキング選出(2020)、週刊東洋経済 すごいベンチャー100選出(2020)、Forbes JAPAN 日本のスタートアップ大図鑑選出(2020/2019)、Forbes JAPAN NEW INNOVATOR ⽇本の担い⼿99選出(2018)

  • 取締役 unico事業担当役員
    濱田 諒
    Ryo Hamada

    九州大学卒。児童発達支援管理責任者有資格者。特別支援学校やITALICOの就労移行支援事業所など、教育・福祉の現場で指導・支援・マネジメントを経験。多様性を認め合い子どもたち主体で学ぶインクルーシブな教育の実現を目指し、児童福祉部門を統括し、子どもたちの可能性を解放する教室「unico」を運営。

  • 取締役 COO
    福島 成典
    Shigenori Fukushima

    兵庫県出身、関西学院大学卒。リクルートにて営業・企画・新規事業を担当した後、BtoBマッチングプラットフォーム事業を創業し、ソフトバンクグループへバイアウト。金融ベンチャーを経て、前職ロジックでは、取締役COOとして介護記録電子化よる業界のIT化を推進。2020年10月、ウェルモ入社。

  • 社外取締役
    前川 雅彦
    Masahiko Maekawa

    京都大学経済学部卒。国内・外資系の銀行・証券・運用会社を経た後、日本郵政株式会社に入社。日本郵政グループ3社の上場準備や、東京2020オリンピック・パラリンピック大会のスポンサー権取得施策等に尽力。2017年、日本郵政キャピタル設立を主導し、投資部門責任者として常務取締役に就任。2020年、DGベンチャーズ取締役就任。

  • 社外監査役
    渡辺 麗斗
    Reito Watanabe

    静岡市出身。神戸大学経営学部でベンチャーファイナンスを学ぶ。在学中から福岡にてベンチャー投資に関わった後、独立系VCのドーガン・ベータを設立。一貫して地域に根差した投資を行う。2017年より社外監査役。

  • 顧問・元役員
    深井 龍之介
    Ryunosuke Fukai

    島根県出雲市出身。九州大学文学部社会学研究室を卒業後、株式会社東芝に入社。祖母が要介護になった経験と自らの就学経験から、介護と児童教育に問題意識を抱きウェルモにジョイン。2017年10月以降は社外取締役。2021年11月以降は顧問。

Members
主要メンバー

  • 執行役員 事業企画 兼
    経営企画担当
    木村 亮太
    Ryota Kimura

    東京都出身。明治大学経営学部卒。株式会社ネットプロテクションズにてIT営業職として従事した後、介護現場職、シンクタンク企画職を経験。その後、自身で設立した会社と富士通株式会社にて、シニア向けビジネスの新規事業開発に取り組む。2016年11月、利用者本位の介護を志し、ウェルモに入社。

  • 執行役員 公共政策担当
    大井 弘幸
    Hiroyuki Ooi

    北海道出身。道内で自治体職員として25年勤め生活保護ケースワーカーや徴税吏員を経験した北海道の地域活性化団体リーダー。徹底的な現場視点から介護福祉サービスの向上と官民連携を実現し地域、利用者本位の仕事を行う。道内テレビ・ラジオ番組にレギュラー出演中、民生委員児童委員としても社会課題解決に取り組む.。

  • VPoE ケアテック開発本部長
    岩村 修
    Osamu Iwamura

    日立ソフトにてプロダクト企画、開発を担当した後、金融機関向けシステム開発のPMに従事。独立後は富裕層向けの介護施設の業務コンサルに携わる。前職ロジックでは介護記録ソフトの開発を統括し、介護業界におけるペーパレス化を推進。親の介護経験などから「利用者本位」に共感し、それをケアテックで実現するため、2021年11月にウェルモ入社。

  • ケアテック開発本部 研究開発部長
    渡邊 恒文
    Tsunefumi Watanabe

    愛媛県出身。筑波大修士、George Washington大修士。日本アイ・ビー・エムを経て、NEDO「次世代人工知能・ロボット中核技術開発」プロジェクトマネージャー。PMBOK(R)ガイド等複数のPMI標準の翻訳・監修。PMP試験問題策定に参画。消防庁長官表彰永年勤続功労章、日本消防協会功績章。

  • コーポレート本部長
    筒井 祐智
    Yoshitomo Tsutsui

    福岡市出身。慶應義塾大学法学部を卒業後、富士銀行を経て、医療法人に入職。事務・管理業務に従事した後、グループ内の医薬品開発企業の経営企画責任者としてIPO、M&A等を主導。その後、早稲田エルダリーヘルス事業団 代表取締役を務め、日本デイサービス協会理事、全国介護事業者連盟東京支部副支部長等を歴任。 2021年11月より現任。

  • CHRO 兼 コーポレート副本部長
    松井 健太郎
    Kentaro Matsui

    横浜市出身、東京大学工学部卒業後、ベンチャー・リンクに入社し、教育事業の展開、介護事業子会社の立上げに携わる。その後人事支援や新規事業開発支援等に携わった後に独立。6年間のフリーランス期間に様々なフェーズの企業にて人事全般の支援や事業開発支援などを行う傍ら、越境促進サービスの立上げ、運営等を行う。NPO法人neomura 理事。2022年4月にウェルモに入社。

  • 事業開発本部長
    北郷 利幸
    Toshiyuki Kitago

    神奈川県出身。筑波大学卒業後、NTT通信研究所にて研究に従事した後、事業会社にて事業開発、プラットフォームビジネスを牽引。その後、介護事業所の創業を経た後、大手介護事業会社にて、全社DX化の推進、介護業界向けAIアプリ開発などを主導し、介護分野の数々の課題に対してのDX化に従事。「あたりまえの幸せを全ての人へ」の実現のためウェルモ入社。

  • 地域資源プラットフォーム本部
    池山 翔太
    Shota Ikeyama

    横浜市出身。立命館アジア太平洋大学在学中に卒業生である鹿野との出会いをきっかけにウェルモ入社。児童教育領域の新規事業所開設や、東京、札幌、大阪オフィスの立上げを担い、全国に展開するプラットフォームの土台作りを行う。追手門学院大学地域創造学部外部講師、その他法定外研修等での講演多数。

Advisor
顧問

  • 共同研究
    市瀬 ⿓太郎
    Ryutaro Ichise

    国立大学法人東京工業大学
    工学院経営工学系教授
    知識グラフを用いたゲノム医療情報の統合と、それに基づいたフレイル予防の知見を得るための研究

  • 法律顧問
    落合 孝文
    Takafumi Ochiai

    渥美坂井法律事務所パートナー弁護士
    (第二東京弁護士会所属)
    内閣府革新的事業評価委員会委員
    一般社団法人日本医療ベンチャー協会理事

  • CEO参与
    ⽵下 康平
    Kouhei Takeshita

    株式会社ビーブリッド代表取締役、
    (一社)介護離職防止対策促進機構理事、
    (一社)クラウド利用促進機構 理事
    介護業界のICT利活⽤と普及のための助⾔および、介護現場のニーズに合致した技術開発の推進と情報発信

  • 医療アドバイザー
    會田 誠
    Makoto Aita

    医療法人社団 洞仁会 洞爺温泉病院 循環器内科医師
    日本統合医療学会北海道支部 評議員
    未病の住民も含めた予防医学を実現するため、医療が「まちづくり」や福祉・介護を積極的に支援する仕組みづくり

  • unico学術顧問
    乾 敏郎
    Toshio Inui

    京都大学 名誉教授/特任教授
    追手門学院大学 名誉教授
    言語・非言語コミュニケーション機能の認知神経科学的研究に従事。健常成人の研究のみならず、発達原理の解明に向けた研究やコミュ二ケーション障害の脳内メカニズムを研究。

  • unico学術顧問
    小山 英樹
    Hideki Koyama

    株式会社対話教育研究所 代表取締役
    一般社団法人日本教育メソッド研究機構 代表理事
    コーチングの有用性に早くから着目し、教育におけるコーチングのメソッドを確立。コーチ育成プログラムを展開する一方、学校・塾・教育委員会・プロスポーツ・企業等において講演・研修活動を行う。

  • 共同研究
    国⽴研究開発法⼈
    産業技術総合研究所

    (研究期間:平成29年12月~平成30年11月)

Supporter
応援団

勝屋久事務所 代表/アーティスト
勝屋 久
Hisashi Katsuya

1962年東京生まれ。上智大学理工学部数学科卒業後、日本IBMにて25年間勤務。2000年IBM VentureCapitalGroup パートナー日本代表、経済産業省IPA未踏IT人材発掘・育成事業プロジェクトマネージャーなどを経て、2010年8月に独立。生き方そのものを職業として夫婦で活動中。2014年から本格的にアーティストとしても活動開始。

(株)アカツキ 社外取締役、(株)クエステトラ 社外取締役、(株)ZEPPELIN 社外取締役、(株)マクアケ 非常勤役員、(株)エーゼロ 非常勤役員、(株)Hanoi Advanced Lab 顧問、Sansan(株)顧問、(株)うむさんラボ パートナー顧問、(株)ウェルモ 顧問、富山県立大学MOT非常勤講師、KATSUYA♡学院共同創立者、総務省地域情報化アドバイザー、福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議理事/ビジネスプロデューサー、西粟倉村/厚真町ローカルベンチャースクールメンター、総務省 NICT(情報通信機構) ICTメンタープラットフォーム メンター、鯖江市NPO法人エル・コミュニュティ理事など多様な顔もある。

Message

福祉分野に必要なのは心!ウェルモは心があるチームです!

初めて鹿野さんに会ったときに底知れぬ起業家魂を感じました。その頃から応援しているのですが、幾度の困難にもめげずに都度自分と目の前の人と真摯に向き合い、乗り越え、事業を軌道にのせてきています。鹿野さんの素晴しいところは進化への意欲と心を大切にする姿勢です。福祉分野に大切なのは【心】と思います。心が通い合うことを念頭にICT等を活用したサービスを提供するウェルモには様々な可能性を感じます。福祉分野において温かい心の連鎖が広がるように願って応援しています。